低用量ピル・アフターピルの効果と副作用を比較

オレンジの薬

避妊を目的とした医薬品

白い錠剤

若い男女を中心に、妊娠することを目的としない性行為をする人が増えています。
本来は子作りのための行為ですが、現在は性欲を満たすためであったり、互いの関係性を深めるためにする人が多いのです。
そこで、多くの男女がコンドームなどの避妊具を使って避妊をしていることでしょう。
コンドームは昔から避妊具として最も有名なモノですし、コンビニやドラッグストアなどの身近な場所でも購入可能です。
もちろん避妊率も非常に高く、同時に性病予防としても活躍する優れもの。
ですが、だからといってコンドームの性能を過信しすぎるのもよくありません。
コンドームも所詮は道具であり、物です。
使っている最中に破れてしまうこともあるでしょうし、外れてしまう可能性もあります。
そうなれば避妊具としての役割を果たすことはなく、意図しない妊娠をしてしまう危険もあるのです。

そこで、近年使用者が増えているのが、低用量ピルやアフターピルといった避妊薬です。
低用量ピルもアフターピルも女性が服用することで高い避妊効果を発揮する医薬品で、体内から有効成分を吸収してしまうため、使用途中に失敗するということがありません。
特に低用量ピルは安全かつ確実な避妊方法と言われるほどで、その避妊率は限りなく100%に近いです。
優れた効果を発揮する反面、副作用がどうしても出てしまう可能性もありますが、軽度な症状で済むことがほとんどですので安心してください。
ただし、みなさんが間違った方法で服用してしまうと、当然副作用などの悪影響が強く出る危険もあるので、服用する場合は正しく扱うように細心の注意を払いましょう。

カプセルと錠剤

低用量ピルの服用

低用量ピルは毎日服用する必要があり、それによって妊娠時期のホルモンバランスに近い状態を作り上げます。これによって着床や排卵、受精を防ぐことができ、結果的に意図しない妊娠を阻止するのです。

並んでいる薬

緊急時に飲む避妊薬

アフターピルは性行為後に服用する避妊薬で、事後でも高い避妊率を発揮します。ただし、強力な効果を発揮する分、低用量ピルよりも身体への負担が大きくなる可能性もあるので注意しましょう。

たくさんのカプセル

オススメ記事

「低用量ピル・アフターピルの効果と副作用を比較」のオススメ記事です。